マントラ瞑想

ヨマントラとは?

マントラってどんな意味か、知っていますか? これはサンスクリット語で、本来は「文字」「言葉」を意味していました。 現在では、賛歌や祭詞、呪文などを指す言葉として使われています。
マントラと聞くと、密教の真言を思い浮かべる人が少なくないでしょう。 でも、マントラは宗教を問いません。 インドのバラモン教のベーダ聖典のサンヒター、密教の真言、仏教のお経、神前で唱える祝詞、キリスト教の祈りの言葉もすべてマントラなのです。
こうしたマントラは、音や言葉がヴァイブレーションを持ち、唱えることで宇宙や大いなる存在と繋がると考えられています。
日本では昔から「言霊(ことだま)」といって、言葉が力を持つと考えられていました。 マントラは、言霊を持つ言葉ということもできるでしょう。